カセットテープのような恋をして… -笑わない王子×泣き虫僕っ子-

『…お願いだから…もう1人にしないで…』

変な夢を見続けていたのかもしれない。
なんでこんな夢を見るのだろう…。
僕には分からなかったんだ…。

料理部の看板息子 紡と
軽音部のプリンス 凌空

出会いは突然、いや必然だったのか…。
お互い一目見て惹かれ合うけれど
男性を愛してしまった事に不安や葛藤が
2人の気持ちを襲う。

それでも2人の想いは止まらない…。
そして2人は、辛い過去を抱えながら
お互いここまで人生を歩んできた。

『…先輩…僕…ほんとに慣れてなくて…』
俺はこいつの事をしっかり守ってやれるのかな…?
傷付けたくない、悲しい思いはさせてくないんだ…。

そんな2人が今、巡り会い育むBLだけど
どこか切なく、そして甘酸っぱい恋の物語…。

『先輩…僕たちってカセットテープみたいだよね…』

なぜ、巡り会ったのか…
なぜ、その出会いは必然だったのか…

伝えたい思いは溢れていくのに
お互い上手く言葉にならない、それでも…

『…僕…やっと見つけたんだ…ずっと…そばにいたい人を…』

男性が男性を愛して、それがどんな形であったとしても
幸せになってはいけないですか…?


※エブリスタとカクヨムでも掲載中!
※R指定がある話には、★が着いてます!
24hポイント 0pt
小説 149,057 位 / 149,057件 BL 17,231 位 / 17,231件