滅びゆくこの世界で

 生まれてこなければよかったという考えが常識となった星〝エデン〟に1人の少年、アダムが産まれた。アダムは育ての親であるサタンから遠い地球という星で生を肯定した哲学者がいたことを聞かされて育った。
 しかし度重なる出会いと別れが、彼の心を苛んでいく。果たしてアダムは生まれてきたことを幸せだったと思うのだろうか? それとも「生まれてこなければよかった」と後悔するのだろうか。
 これは銀河の果ての、そしてもしかすれば、我々の未来のお話。
24hポイント 0pt
小説 121,726 位 / 121,726件 キャラ文芸 2,816 位 / 2,816件