お姉さんと十二歳の私がグリーン缶を飲む話。

私が登校拒否を始めたのは、素敵なお姉様の作り笑いがきっかけだった。
嘘ばかりの世の中に嫌気が刺して、12歳にして立派なスクールエスケーパー。
そんなあるとき、私はお姉様と再会して、彼女の魅力にのめり込んでいく。
クスッと笑えて、かなり甘々な、ガール・ミーツ・ガールの青春百合小説。
24hポイント 0pt
小説 119,579 位 / 119,579件 ライト文芸 5,036 位 / 5,036件