人見知りな僕と嘘つきの魔法使い

エイプリルフールに話しかけてきたのは、ひとりぼっち仲間の元クラスメイトだった。 「私、実は魔法使いなんだ」他愛のない嘘、嘘に隠された本当の自分――僕の前に現れた、不思議な彼女の正体とは!?
24hポイント 0pt
小説 128,116 位 / 128,116件 ライト文芸 5,085 位 / 5,085件