異世界喫茶店〜つかの間の安らぎに1杯のコーヒーを添えて〜

アメガルス王国王都ペルシアには知る人ぞ知る隠れた名店と呼ばれる1店の喫茶店が存在する。その喫茶店は路地裏の薄暗い場所にあるが故にあまり人は近づかない、しかしその店は珈琲好きにとっては知る人ぞ知る隠れた名店と呼ばれている。
そこは世界各地から色んな人種が訪れる
店主の名前はグラン、齢50を越すお爺さんだ、その為常連の客からは店主はグラ爺、お店は喫茶〜つかの間の安らぎ〜、またの名を異世界喫茶店と.....

店主と客が織り成すつかの間の安らぎを描く物語


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



疲れた時やくじけた時に見てクスッと笑っていただけると幸いです
24hポイント 0pt
小説 112,403 位 / 112,403件 ファンタジー 29,251 位 / 29,251件