はじまりさえ唄えない

 1990年。まだケータイもスマホも普及していなかった時代。長崎市に住む青年、二十歳になったばかりの杉内直己は心をかけて打ちこめる何かを探していたが、小さな家出がきっかけでストリートミュージシャンになる決意をする。
 夢、恋、その狭間で揺れ動く心を描いた超長編作。
 
※ストーリー重視の方は、1話目は導入なので飛ばしてもらってもかまいません。ただし長いお話なのでその他の読み飛ばしは推奨しません。あしからず。
 
全編に酒が入り乱れますが、平成の時代(今も同じくですが)のミュージシャンはそんなものでした。これまたあしからず。
24hポイント 198pt
小説 4,843 位 / 77,381件 現代文学 72 位 / 3,330件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:27904pt お気に入り:18052

婚約破棄をされた地味令嬢は、実は絶世の美少女でした 【改訂版】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:115177pt お気に入り:11945

【自衛隊青春小説】大空へ駆けのぼれ

青春 / 完結 24h.ポイント:340pt お気に入り:84

Bグループの少年

青春 / 連載中 24h.ポイント:65149pt お気に入り:6768