【R15】虐げら令嬢は間違いで嫁いだ屋敷で大切にされる

「うふふ…お姉様ったらかわいそう!
あんな人の所に嫁がなければいけないなんて…」

妹は私を見てクスクス笑う
私は多分両親の子なんだけど、生まれたばかりの頃に占い師に言われた「この子に贅沢をさせると家が崩壊する」
との予言に従って私を使用人のように扱ってきたのだ。
私の嫁ぎ先は鬼のような男の元らしい!でも別にいいよ…今だって最悪だし場所が変わるだけでしょう?
私を迎えに来た馬車はなぜか誰も乗ってない…御者もいない…!
着いた屋敷も誰もいない不思議な所で…
玄関先で私を迎えた大きい身体をした男性は
「望んだのは君ではない…!家の中に入らないでくれ…!」
酷いことをいう…!

元サヤハッピーエンド
22話で完結します♡
24hポイント 56pt
小説 14,159 位 / 144,475件 恋愛 6,824 位 / 45,188件