無貌ちゃんとゆこう

 大学二回生の山本銀二は彼女がいない歴=年齢の冴えないハタチの自称隠れヲタク。
 神頼みのつもりで縁結びのお守りを神社で買った帰りに、当然の権利のごとくトラックに轢かれ死亡する。
 再び目を覚ますと、そこは広大な森の中で巨大なドラゴンに追われるハメに。
 さっそくの二度目の死の危機。そんな彼の窮地を救ったのは、可愛らしいメイド服姿の女の子だった。
 しかし、彼女には――――顔面が無かったのだ。
 『無貌の神』。彼女はそう名乗り、銀二は彼女を無貌ちゃんと呼び、二人でロマンシュアの世界を旅する。
 無貌ちゃんとゆくのだ、銀二。
24hポイント 0pt
小説 95,670 位 / 95,670件 ファンタジー 26,005 位 / 26,005件