朝起きたら超絶チートになっていたので魔王率いる悪の組織の幹部として無双します

アラフォー独身社畜の戸守七穂(とがみななほ)は、十六年勤めたブラック会社をリストラされる事が決まった日の翌朝、目を覚ましたら、己に向けられた魔法攻撃の属性を反転させ相手に十倍の威力で反射するというチート魔法をその身に宿した十一歳のショタ(男の娘)の姿で、人気学園ファンタジーアニメ「私立莫乃魔法学園(しりつくれないまほうがくえん)やおよろず騎士団同好会」略して「まほきし」の世界にトリップしていた。
さらに七穂の前に現れた自らの後見人だというまほきし屈指の人気キャラの一人、莫乃学園養護教諭・天崎士葵(あまさきしき)に連れられて行った先は、まほきし界のどこかに封印されている魔王を目覚めさせ世界を滅ぼそうと目論む悪の組織「深潭軍(しんたんぐん)」のアジトであり、そこで七穂は士葵こそが深潭軍(しんたんぐん)の親玉であり、いずれ主人公達と敵対するラスボスとなる存在であることを思い出す。
最初は戸惑った七穂だったが、幹部たちから聞かされた士葵の生い立ちにかつての自分を重ね、アニメでは絶対的な悪として何一つ報われずに散ることになる彼の救済ルートを確立するために士葵の目論見はがっつり阻止しつつ彼を守り助ける事を決意し、深潭軍の幹部として私立莫乃魔法学園に入学する事になったのだったが……。

これは社畜として培ったとんでもない図太さと、楽観主義と、無自覚厭世主義を併せ持ち、切り替えの早さに定評があるアラフォー社畜が、転移先の悪の組織でチートショタ幹部となり、悪の組織に自らの居場所を見つけつつ、ラスボスと無自覚にラブコメする話である。

※1.以前投稿していた作品を改稿&路線変更したものです。
※2.BL中心です。
※3.小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 7pt
小説 19,980 位 / 63,965件 BL 3,026 位 / 5,551件