【完結】存在感のない私が王太子妃になったワケ

伯爵令嬢のブランシュは生まれた時から存在感のない少女だった。

そのせいで同年代の令嬢たちとのお茶会ではお茶が用意されず、観劇に誘ってもらえないこともあった。

しかし、そんな彼女が舞踏会で王太子に見初められて――⁉

※他サイトに投稿したものを改題&改稿しています

★表紙イラストはちょめ仔さん(Twitter→@tyomeko_irai )に描いていただきました!
24hポイント 1,533pt
小説 1,145 位 / 144,424件 恋愛 554 位 / 45,158件