突然の無人島で生活!?!?生き延びれるのか?

橋本麟太郎は仕事に追われる日々を送っている。昼間の仕事が終われば、夜はバイトをするのが日常。25歳と若過ぎる年齢でありながら、会社では一目の信頼を得ている。


とある偶然に、麟太郎は無人島で生活をしないといけなくなってしまう。何も無い状態で彼はどうやって生きて行くのか。


◆◇◆◇◆◇
お魚とサバイバル生活について書きました。
24hポイント 0pt
小説 60,284 位 / 60,284件 ライト文芸 2,416 位 / 2,416件