傾国とか社交界の蝶とか普通に悪口

 傾国の美女、社交界の蝶。やだー、褒めないでー(誰も褒めていない)。
 顔とスタイルだけは良い絶世の美女だが、頭は悲しいほどパッパラパーという評価を受けてるくせにさっぱりわかっていない放蕩令嬢のアビゲイル。
 エスコートされるレッドカーペットを見て既視感を覚え、生まれる前の世界、前世は日本人の売れない舞台女優だった記憶が蘇る。
 ストイックにストイックに演技に打ち込んできた、その努力が評価され、切望したヒロイン役に抜擢されたと思ったら、制作発表会の会場のロビーにあるレッドカーペットの上で刺された記憶が……。
 
「大事なこと思い出したーーーーーー!」

 傾国とか社交界の蝶とか普通に悪口だよね……。
 悲惨な最期を遂げたストイックで比較的常識的な女優の記憶に完全シフトしたアビゲイルは、もうパッパラパーな自分を捨て去り生き方を改めることにいたしました。

と、思っていたのに、早速また醜聞を作ってしまった。しかも相手は強面熊さん系の辺境伯。

ああ、今さら自分の尻拭いが大変。



※横溝正史の小説が好きなので、影響されてお嬢さんの一人称が「あたし」です。異世界ものなので、お嬢さんの話し方はこうあるべき、というガチガチの固定観念を捨て去って、ローカルルールだと思ってお読みくださいませ。
※以前書いていた小説「茨の戴冠~」のキャラの両親のエピソードを新たに小説にしました。よろしくお願いいたします。
※1話2000~3000文字前後。
※誤字脱字報告「のみ」を感想欄に書かれても承認できませんのでご了承ください。
 ちゃんと自分で確認してゆっくり修正していますので、とくに報告は必要ありません。そのうち自分で修正していきますのであまりにもひどい場合以外は見守ってくださると幸いです。

無断転載は犯罪です。マジで。人としてやってはいけないことは認識してくださいね。
24hポイント 63pt
小説 14,321 位 / 140,756件 恋愛 7,100 位 / 43,641件