今更好きだと言えない

パチンッと自らの頬を叩いた、侯爵令嬢のレベッカ。呆然とする主人公である公爵令嬢のアイリーン。そしてレベッカは婚約者の前でこう言った。
「アイリーン様が私の頬を叩いたんです」

アイリーンの婚約者である公爵令息のユリウス。そのユリウスの幼馴染のレベッカはアイリーンをどうにかして陥れようとしてくる。毎回悪者にされてうんざりしていた。
しかもユリウスは必ずレベッカの味方をする。そんなにレベッカが好きなら婚約破棄をしてレベッカと婚約すれば良いのに…。なのにユリウスは頑なにアイリーンと婚約破棄をしたがらない。多分それはレベッカには第3王子のシェルトという婚約者がいる為彼女とは結婚出来ないからだ。アイリーンは所謂お飾りとして必要ということらしい。だがどうやらシェルト王子にも、レベッカではなく他に好きな女性がいるようで。交差する4角関係…?
24hポイント 57,754pt
小説 42 位 / 85,357件 恋愛 32 位 / 22,792件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

魅了が解けた世界では

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:110729pt お気に入り:11021

勝手に幸せになってれば?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:68099pt お気に入り:4510

芋くさ令嬢ですが悪役令息を助けたら気に入られました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:62381pt お気に入り:5045

消滅した悪役令嬢

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:114886pt お気に入り:8171

婚約破棄されたので30キロ痩せたら求婚が殺到。でも、選ぶのは私。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:15094pt お気に入り:2445

見た目だけは可憐な毒花に、婚約者を奪われた令嬢たちは……

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:91108pt お気に入り:5595

聖女なんて貧乏くじ。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:151153pt お気に入り:2953