双子の侯爵令嬢の見習い執事は王太子

サイルーン王国の王太子、カルザードは憂鬱だった。
のらりくらりと交わし続けていた婚約者を、早々に決めなくてはいけなくなったから。
しかも選択肢はたったの二つ。
有力侯爵家バジーレの双子の令嬢、エラとフレイアのどちらを選ばなければならない。
周囲から得られる姉のエラの情報は乏しく、あっても醜聞ばかり。
一方の妹フレイアの社交界での噂は賞賛に満ちていた。

双子なのにあまりの違いに、カルザードは懐疑心を抱いた。

「そんなに疑うなら、ご自身の目で確かめてからお決めになれば良いではないですか」

そんな折、影武者であるアベルが放った一言にカルザードは不敵な笑みを浮かべ、誰もが想像もしなかったことを実行に移す。

「見るなら間近で、なおかつ身分をばらさずにだ」

こうして一人の執事見習いがバジーレ侯爵家に雇われることとなった。
24hポイント 28pt
小説 23,588 位 / 140,819件 恋愛 11,309 位 / 43,708件