虚構現界抑制機構:NACOF

人類は脅かされていた。
2070年代、突如として発生した未曾有の災害『天使』から十数年後、日本でも事案『少女』が発生し、国体は崩壊の危機にあった。
これを受け、新たに日本国を組織し、世界各国に散らばる支部を表層化――――『虚構現界抑制機構:NACOF』が表舞台に姿を現した。

鬼島朱翔は平凡ながらも充実した大学生活を送っていた。
成人して最初の初詣、楽しい時間は突如として終わりを告げる。
広がる惨劇、揺れるカーキのコート、響くHappy Birthdayの歌――――。

神はいないだろう――――ならば、人の業を裁くのは何だろうか?
24hポイント 0pt
小説 80,293 位 / 80,293件 SF 2,556 位 / 2,556件