転生するとき、チートとは望んだけどここまでとは言ってない

日本生まれの日本育ちの俺、橋本〈はしもと〉 千里〈せんり〉は未知の病気にかかり、亡くなってしまう。

俺は死ぬと転生するときに望みはあるかと聞かれた。なのでイケメン、チート性能が良いなどと言ってみた。

次に目が覚めたらそこは病院ではなく全く見知らぬ土地。転生したのだと悟った俺は自分のステータスを見てみた。それには神様が間違えたのかと思うほどの馬鹿げたステータスが...。

この物語は、俺のチート性能で転生できた世界での話だ。
24hポイント 1,478pt
小説 800 位 / 57,614件 ファンタジー 267 位 / 18,871件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

とある小さな村のチートな鍛冶屋さん

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3386pt お気に入り:5100

スキルが美味しいって知らなかったよ⁈

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6613pt お気に入り:2527

優しい家族と、たくさんのもふもふに囲まれて。〜異世界で幸せに暮らします〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:64085pt お気に入り:4916

悪役令嬢の生産ライフ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:25128pt お気に入り:4134

動物に転生したいとは言ったけど、龍だなんて聞いてない

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:11707pt お気に入り:5416

異世界で俺はチーター

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:49pt お気に入り:60