春ひとひらの雪とけて

 落ちた先で、恋に墜ちた。
 生き別れの兄と妹が再会したとき、悲劇が起こる――和風ヒストリカルロマンス。

 研修医の木梨(きなし)は精神科外来で働く看護師、六花(りっか)のことを密かに想う25歳。
 あるとき受験によるストレスで通院していた少女、舞雪(まゆき)と知りあい、彼女が生き別れの妹であると知ってしまう。
 真実を知った舞雪はショックで自暴自棄に陥り、木梨も彼女と共に病院の屋上から転落してしまう。

 木梨が目覚めたのは古代、允共天皇が治めた大倭(ヤマトゥ)の遠飛鳥(トオツアスカ)だった。
 どうやら、白羅(しらら)という少女が誤って彼の魂を皇家の長男の身体に入れてしまったらしい。
 元の世界に戻りたいと願う木梨だったが、白羅の姉である名形(ながた)は彼を次世代の天皇(スメラ・ミコト)にしようとしていて……?


  * * *


 禁忌の兄妹が結ばれる日は訪れるのか? 古事記がベースになっている異世界転生モノです。
 ムーンライトノベルス、プチプリンセスにも掲載中です。
24hポイント 14pt
小説 17,375 位 / 86,669件 恋愛 6,930 位 / 22,883件