水の都で月下美人は

 舞台は栖暦(せいれき)1428年、中世の都市国家ヴェネツィア。
 四旬節を目前に、元首が主催する謝肉祭が連日のように行われていた。

 前元首の末孫姫ディアーナに仕える少女エーヴァは、主の一生のお願いを叶えるため、彼女に変装して祭りに参加していた。そんな彼女は異国からやってきた貿易商の息子、デーヴィットと出逢う。だがふたりは互いに仮面で顔を隠し、ダヴィデとディアーナと名を偽ったまま、恋に落ちてしまった。

 次の祭りの夜、二人は仮面で素性を隠したまま再会を果たす。デーヴィットはエーヴァに月下美人の鉢植えを手渡し、「ただ一度の恋」という花言葉を告げ、彼女がディアーナではないと暴きつつ、彼女と一夜限りの関係を結んでしまう。

 二人は思いがけない形で再会する。
 それはディアーナの結婚話。十五歳になった彼女に、両親はデーヴィットを紹介したのだ。
 けれどデーヴィットは謝肉祭の夜に出逢った少女の存在が忘れられずにいた。その少女がディアーナのお気に入りの侍女、エーヴァで……

 身分違いのふたりは無事に想いを貫き、遂げることができるのか?

*中世ヴェネツィアの世界観をベースにした半分架空のヒストリカルロマンスです。そのため時代考証などあえて無視している描写もあります。ムーンライトノベルズにも掲載中。Rシーンは予告なしに入ります。
24hポイント 21pt
小説 17,358 位 / 101,577件 恋愛 7,219 位 / 27,909件