上 下
2 / 109

酒井忠休は忠崇の実の父として、それ以上に若年寄筆頭としての沽券にかけて、忠崇を詰衆並として菊之間縁頬へと「デビュー」を果たさせてやりたい。

しおりを挟む
しおりを挟む