上 下
10 / 107

奏者番ではあるが部屋住の意知を若年寄へと進ませることに直幸が即座に賛成してみせると、それまで慎重姿勢を見せていた頼起も消極的賛成へと転じる。

しおりを挟む
しおりを挟む