上 下
15 / 107

敗北感に打ちひしがれた忠休は奏者番の意知が詰めている筈の芙蓉之間へと自然と足が向く。

しおりを挟む
しおりを挟む