上 下
16 / 107

羽目之間から意知が詰めている筈の芙蓉之間を覗き込んだ忠休のその目に、意知と土屋健次郎泰直が熱心に話し込む様子が飛び込んでくる。

しおりを挟む
しおりを挟む