上 下
17 / 107

忠休は奏者番の意知が明日、将軍・家治に御目見えを果たす土屋健次郎と土井鐵蔵の指導をする様子を目の当たりにして忌々しく思う。

しおりを挟む
しおりを挟む