上 下
20 / 109

意知を覗き見ていることに意知当人に気づかれた忠休は場所を変えて引き続き意知を覗き見るべく、山吹之間細廊下に面する板敷きの廊下へと移動する。

しおりを挟む
しおりを挟む