上 下
21 / 107

意知を見失った忠休は菊之間に目を向け、菊之間本間の真ん中で居心地悪そうにしている雁之間詰の黒田豊前守直亨の嫡子・和泉守直英の姿を捉えた。

しおりを挟む
しおりを挟む