上 下
26 / 107

橋本喜八郎は奥右筆組頭から留守居番へと棚上げされ、更に意知が若年寄へと進む背景に家基の死の真相を探らせようとする家治の意図を感じる。

しおりを挟む
しおりを挟む