上 下
27 / 107

家治が安藤長左衛門を奥右筆組頭に、意知を若年寄にそれぞれ進ませることで家基の死の真相を探索させるシフトを敷いたと、忠休も認めざるを得ない。

しおりを挟む
しおりを挟む