上 下
39 / 107

本多昌忠に意趣返しをされた一橋治済は自分を落ち着かせると、家老の林忠篤の心をつなぎ止めておく必要性に気づき、それに腐心す。

しおりを挟む
しおりを挟む