上 下
43 / 107

一橋治済は田沼意次を恨む竹本九八郎正温に対して意次の息・意知が若年寄に内定したことを告げ、意知に対する殺意を芽生えさせる。

しおりを挟む
しおりを挟む