上 下
48 / 109

治済が一橋館にて仕える六役に対して奏者番の意知が若年寄に内定したことを告げるや、用人の杉山嘉兵衛美成が真っ先に反応する。

しおりを挟む
しおりを挟む