上 下
52 / 107

河野忠右衛門が西之丸の書院番士として次期将軍であった家基に仕えながら、その家基の寿命を縮めるという治済の姦計に手を貸した経緯。

しおりを挟む
しおりを挟む