上 下
55 / 107

御三卿の館にて番方(武官)のトップとして仕える番頭は月次御礼などの式日においては特に登城が許され、焼火之間に詰めることが黙認されていた。

しおりを挟む
しおりを挟む