上 下
58 / 107

田安館の番頭である常見文左衛門と中田左兵衛に対しても意知が若年寄へと進むことを告げ、二人に意次に対する憎しみを募らせることにする。

しおりを挟む
しおりを挟む