上 下
60 / 107

久田縫殿助は田安館の用人らに意知が御三卿潰し、それも手始めに当主不在の田安家を潰す尖兵として若年寄に取り立てられたと吹き込むことを思いつく。

しおりを挟む
しおりを挟む