上 下
63 / 107

意知が若年寄へと進むなどとんでもないことと、意次を逆恨みする金森五郎右衛門より水を向けられた用人の押田吉次郎勝久の反応は鈍いものであった。

しおりを挟む
しおりを挟む