上 下
65 / 107

田沼意知が若年寄へと進むことにつき、田安館にて用人として仕える高井多宮房玄は御三卿潰しを連想する。

しおりを挟む
しおりを挟む