上 下
73 / 107

寶蓮院は既に、種姫附の年寄である向坂を通じて意知が若年寄へと昇進する事実を把握しており、のみならずその真の理由も把握していた。

しおりを挟む
しおりを挟む