上 下
77 / 107

重好は意知が若年寄へと進むことが一橋治済にとって都合の悪いことだと見立て、その上で、将軍・家治を信じることにし、その旨、家臣一同に宣する。

しおりを挟む
しおりを挟む