上 下
80 / 109

御用之間において将軍・家治より若年寄へと進むよう命じられた意知はそれを拝辞したものの、家治はそれを許さず、そこで意知は昇進の理由を尋ねる。

しおりを挟む
しおりを挟む