上 下
85 / 107

松平正淳は一橋館へと乗り込み一橋治済に対して、倫子の死についてその側室である富への聴取を願うことで、治済の反応を見た。

しおりを挟む
しおりを挟む