上 下
87 / 107

家基に御側御用取次として仕えていた水上興正は松平正淳の遺志を継いで一橋治済と対決するに当たり、西之丸目付であった深谷式部盛朝に遺言を託す。

しおりを挟む
しおりを挟む