上 下
98 / 107

家治は意次と意知に対して家基の御側御用取次であった小笠原信喜と佐野茂承の二人が一橋治済による家基毒殺計画に手を貸した可能性を指摘する。

しおりを挟む
しおりを挟む