「冗談……だよな?」
 俺は耳を疑った。いつものように花が咲くような笑顔で、実は嘘だよと言ってほしい。しかし、彼女は首をふるふると横に振り、今にも泣き出しそうな表情を変える事は無かった。
 「本当よ。パパの仕事の都合で、私、引っ越すの。ずっと遠くに。学校も転校して」
 俺は信じられなかった。いや、信じたくなかったのだ。彼女が離れていくなんて。まるで走馬燈のように今までの彼女との日々が頭の中を駆け巡る。
24hポイント 0pt
小説 95,898 位 / 95,898件 恋愛 26,412 位 / 26,412件