なつのよるに

萩原琴瑚(はぎわらことこ)は結婚適齢期のまっただ中にいる。だが、とある事情で結婚をしたくはなかった。正しくは、結婚に至るまでの「お見合い」に疑問を抱いていた。だが、両親の勧めでそのお見合いをせねばならず、琴瑚は夏の夜、その相手を待つ。

現代日本によく似ているけど違った世界で、とある地方の特殊なお見合い制度に拒否感を抱きつつも、それをしなければならなくなった女性と、相手の男性が出会う、ほのぼの恋愛小説です。

雌花の章は主人公視点、雄花の章は相手視点、最後に番外編の三部構成です。

※頂いている感想のネタバレ含むのチェックを怠っており(申し訳ありません)、感想のほとんどがネタバレを含んでおります。先に感想を読まれる場合はご注意下さい。
24hポイント 28pt
小説 12,397 位 / 84,341件 恋愛 5,396 位 / 22,485件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

【R18】子供の頃結婚の約束をした男の子は魔王でした。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:92pt お気に入り:231

【R18】魔王の後宮に咲く華

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:13193pt お気に入り:2125

王子、「あい」って何ですか。

BL / 連載中 24h.ポイント:149pt お気に入り:12

消滅した悪役令嬢

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:177650pt お気に入り:5786