雨の日のネコは不機嫌に笑う

雨の日に高元武はとある「ネコ」を拾った。
暴行されそうになっていた猫耳の少年を拾い、二人の生活が始まる。普通のサラリーマンであった高元の生活に潤いをあたえてくれるネコの存在。
ネコの名前は「ミウ」という。ミウはまだ幼く、二人の穏やかな生活は続いていくかと思われた。
しかし、季節が巡り、ミウが発情期に入ると、二人の関係は深く、けれど、ぎくしゃくしたものに。
今まで互いに家族に対してだと思っていた感情が、欲望と恋を孕んできてそれに戸惑う両者。恋愛を自覚した高元と恋も知らないミウが関係を深めていく物語。


【登場人物】

攻・高元武:心優しいサラリーマン。身長180センチ前後のスポーツマン体型。黒髪短髪爽やか系。
スポーツマンで体格がよく優しいが、何を考えているのかわからないところがある。会社では普通のサラリーマンだが、ミウには甘く、甘やかし飼主になっている。

受・ミウ:半分猫の特徴を持った少年。身長160センチ強の痩せ型。口が悪く乱暴だが、まだまだ精神的に幼い。
24hポイント 0pt
小説 80,339 位 / 80,339件 BL 7,328 位 / 7,328件