強者を求めて異世界へ〜スキル【一撃】のせいで敵が見当たらない〜

若干二十歳にして世界を恐怖に陥れていた魔王を一撃で滅した青年——アブローはそんな世界に飽き飽きしていた。 潜在的に持っていたスキル【一撃】のせいで、どんな敵でも確定で一撃で倒してしまうからだ。 アブローは善悪を問わず世界最強と名高い魔王をあっさりと滅ぼすと、鬱憤も晴らせずやるせない自分に嫌気がさし、全力で力を込めて”空間を殴った”。 すると空間にヒビが入り、そこは亀裂となり、じわじわと闇が生まれた。 何かあるかもしれないと考えたアブローが自らの足で闇に入っていくと、そこには自分がいた世界とは一風変わった世界が広がっていた。 既に空間の亀裂は消えていたため、アブローはそこで暮らしていくことを決意する。 全ては「刺激的なバトルを求めて」
24hポイント 0pt
小説 83,289 位 / 83,289件 ファンタジー 24,153 位 / 24,153件