「元勇者は愛娘とのんびり旅をする~猫耳少女を拾いました~」のコンテンツを見ている人は他に…

 動物を使役するビーストテイマーのレインは、勇者のパーティーとして戦ってきた。しかし、他に取り柄のないレインは次第に戦いについていけなくなる。「動物を使役するだけのキミは役立たず以外の何者でもない。クビだ」。ついに、レインはパーティーを追放されてしまう。これからは、世界を救うとか関係なく、自由に生きてみよう。レインは冒険者になることを決めるが……そんな時、運命の出会いをする。一方で、勇者のパーティーは気づいていなかった。今まで魔王軍と戦うことができたのは、レインの力によるものが大きいということに。これは、虐げられていたビーストテイマーが、運命の出会いを果たして、真の仲間と絆を紡ぐ物語。
24hポイント 5,924pt
小説 10 位 / 19,048件 ファンタジー 8 位 / 7,281件
少女フラムは、神の予言により、魔王討伐の旅の一員として選ばれることとなった。 全員が一流の力を持つ勇者一行。しかし、なぜかフラムだけは戦う力を持たず、ステータスも全て0。 肩身の狭い思いをしながら、それでも彼女は勇者たちの役に立とうと努力を続ける。 だがある日、パーティーのうちの1人から騙され「もうお前は必要ない」と奴隷商人に売り飛ばされてしまう。 奴隷として劣悪な環境の中で生きることを強いられたフラム。 しかし彼女は、そこで”呪いの剣”と出会い、最弱の能力”反転”の真価を知る。 戦う力を得た彼女は、正直もう魔王とかどうでもいいので、出会った奴隷の少女と共に冒険者として平穏に暮らすことを決めるのだった。
24hポイント 1,128pt
小説 53 位 / 19,048件 ファンタジー 40 位 / 7,281件
「また転生してしまった」 とある赤ん坊レクスは、英雄と賢者という二つの前世を持つ転生者だった。 「今度の人生では陰謀や騒動に巻き込まれないように気をつけよう」 前世の記憶から目立つ事の危険を学んでいたレクスは地味に生きる事を誓う。 「そして前世からの憧れの職業、自由の象徴である冒険者になるんだ!」 念願叶って冒険者となったレクスは、目立たない様地味な依頼で日銭を稼ぐ毎日を満喫する。 「すみませーん、薬草採取してたらドラゴンに襲われたんでついでに狩ってきましたー」 レクスは気づいていなかった。 自分の地味が滅茶苦茶派手だという事実に。 「それにしても冒険者ランクって簡単にあがるんだなぁ」 それに気づかない少年は今日も平然と周囲の人間の度肝を抜く。
24hポイント 11,984pt
小説 2 位 / 19,048件 ファンタジー 2 位 / 7,281件
傷ついたモンスターを助けたら、美少女が恩返しにやってきた。その正体は世界中の人間が探し求める幻の超レアスライムモンスター。倒せば100億の経験値が手に入り、体はオリハルコンの素材にもなる彼女は、生身のままであらゆる攻撃を無効化し、ぐーで殴ればドラゴンもワンパンするチート美少女だった! そんなチート美少女と、レベル1でスキル0な底辺冒険者の僕が出会ったときはじまるのは……なんと薬草採取からはじまるおつかいクエスト!? いや、だって僕レベル1だし。のんびりスローライフがちょうどいいんだ。 美少女モンスター、ライムとのドキドキワクワクちょっぴりエッチでたまにIQが下がる二人旅。薬草採取のため山に登ったり、ユニコーンの薬を求めてハイキングに出かけたり。そんなのんびりした日々をつづった異世界日常系クエストです。
24hポイント 786pt
小説 72 位 / 19,048件 ファンタジー 50 位 / 7,281件
日本で社畜をやっていた名も無き男は、ある日情けなく事故死した。しかし目を覚ませば異世界で邪竜になっていた。男は思う。「あれ、これ働かなくていいんじゃね?」 数年の時が過ぎた。男は中身は人間のまま、気ままな邪竜ライフを送っていた。しょっちゅうウザい冒険者どもがやってくるが邪竜は強いので問題ない。と思っていたのだが、ある日調子に乗りまくったやつらが森にやってきて――
24hポイント 2,138pt
小説 546 位 / 47,060件 ファンタジー 215 位 / 15,728件
文字数 173,179 最終更新日 2018.06.25 登録日 2017.05.25
ファンタジー 連載中 長編 R15
VRMMORPGが普及した世界。 念のため申し上げますが戦闘も生産もあります。 戦闘は生々しい表現も含みます。 のんびりする時もあるし、えぐい戦闘もあります。 また一話一話が3000文字ぐらいの日記帳ぐらいの分量であり 一人の冒険者の一日の活動記録を覗く、ぐらいの感覚が お好みではない場合は読まれないほうがよろしいと思われます。 また、このお話の舞台となっているVRMMOはクリアする事や 無双する事が目的ではなく、冒険し生きていくもう1つの人生が テーマとなっているVRMMOですので、極端に戦闘続きという 事もございません。 また、転生物やデスゲームなどに変化することもございませんので、そのようなお話がお好みの方は読まれないほうが良いと思われます。 2014年5月24日にて、総合PV1億を達成させていただきました。この場を借りて深く御礼申し上げます。 書籍化に伴い、序盤をダイジェストに差し替えております。
24hポイント 31,303pt
小説 54 位 / 47,060件 ファンタジー 23 位 / 15,728件
文字数 1,505,764 最終更新日 2019.05.22 登録日 2016.08.16
恋愛 完結 長編 R18
ある事件から両親を亡くし多額の借金のカタに悪名高い男爵に嫁ぐ事が決まった主人公はある人物の手をとる…
24hポイント 13pt
小説 1,533 位 / 19,048件 恋愛 623 位 / 4,985件
ファンタジー 連載中 長編 R15
※2019年2月21日発売されました。 ※12/11書籍化のため『Sランクパーティーから追放されたおっさん商人、真の仲間を気ままに最強SSランクハーレムパーティーへ育てる。』から『おっさん商人、仲間を気ままに最強SSランクパーティーへ育てる』に改題を実施しました。 ※第十一回アルファポリスファンタジー大賞において優秀賞を頂きました。 俺の名はグレイズ。 鳶色の眼と茶色い髪、ちょっとした無精ひげがワイルドさを醸し出す、四十路の(自称ワイルド系イケオジ)おっさん。 ジョブは商人だ。 そう、戦闘スキルを全く習得しない商人なんだ。おかげで戦えない俺はパーティーの雑用係。 だが、ステータスはMAX。これは呪いのせいだが、仲間には黙っていた。 そんな俺がメンバーと探索から戻ると、リーダーのムエルから『パーティー追放』を言い渡された。 理由は『巷で流行している』かららしい。 そんなこと言いつつ、次のメンバー候補が可愛い魔術士の子だって知ってるんだぜ。 まぁ、言い争っても仕方ないので、装備品全部返して、パーティーを脱退し、次の仲間を探して暇していた。 まぁ、ステータスMAXの力を以ってすれば、Sランク冒険者は余裕だが、あくまで俺は『商人』なんだ。前衛に立って戦うなんて野蛮なことはしたくない。 表向き戦力にならない『商人』の俺を受け入れてくれるメンバーを探していたが、火力重視の冒険者たちからは相手にされない。 そんな、ある日、冒険者ギルドでは流行している、『パーティー追放』の餌食になった問題児二人とひょんなことからパーティーを組むことになった。 一人は『武闘家』ファーマ。もう一人は『精霊術士』カーラ。ともになぜか上級職から始まっていて、成長できず仲間から追放された女冒険者だ。 俺はそんな追放された二人とともに冒険者パーティー『追放者《アウトキャスト》』を結成する。 その後、前のパーティーとのひと悶着があって、『魔術師』アウリースも参加することとなった。 本当は彼女らが成長し、他のパーティーに入れるまでの暫定パーティーのつもりだったが、俺の指導でメキメキと実力を伸ばしていき、いつの間にか『追放者《アウトキャスト》』が最強のハーレムパーティーと言われるSSランクを得るまでの話。
24hポイント 5,729pt
小説 262 位 / 47,060件 ファンタジー 112 位 / 15,728件
文字数 621,709 最終更新日 2019.05.17 登録日 2018.08.01
主人公のユウクスは、転生した異世界で、最強の女勇者『氷帝ライラ』に出会った。 実はこの勇者。前世日本では主人公の母親でした。主人公を溺愛して、世話を焼き、ことあるごとに甘やかそうとしてきます。 お母さんは、我が子に危害をくわえようとする相手に容赦ない。主人公にちょっかいを出してくる王国や犯罪組織を、圧倒的な力でねじ伏せていきます。 そこに主人公の姉を名乗る、最恐の獣王『雷猫マリエラ』まで加わって……。 これは主人公が異世界で、包容力たっぷりでおっぱいの大きな女勇者や、弟以外全部どうでもいいとガチで思っているブラコン猫耳獣王に、めちゃくちゃ甘やかされるお話です。 ちなみに母も姉も主人公大好き過ぎる隙のない変態で、互いの目を盗んではエッチな悪戯を仕掛けてきます。 ※『小説家になろう』で、一話先行して投稿しています。
24hポイント 42,537pt
小説 34 位 / 47,060件 ファンタジー 15 位 / 15,728件
文字数 86,644 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.05.01
ファンタジー 連載中 長編 R15
 魔王は毎度、自分を討伐にやってくる勇者達に、ほとほとうんざりしていた。 「もっと自由で気ままな暮らしがしたい!」  日頃からそう思っていた魔王は、あるアイデアを思い付く。 「死んだふりすればよくね?」 『くっ……おのれ勇者め……まさか、この私が敗れるとは!(迫真)』  持ち前の演技力で上手く勇者をやり過ごし、人々の記憶から魔王の存在が薄れた頃、待望の田舎暮らしへ。  隠せない強さで人々を救って慕われたり、魔王を崇拝するダークエルフ(自称)がやってきたりと、だんだん彼の周りへ仲間が集い始める。  片田舎に購入した普通の家は、次第に魔王城の風格を持ちだし……。 画像使用先 タイトル:[ジュエルセイバーFREE] URL:[http://www.jewel-s.jp/]
24hポイント 81,074pt
小説 11 位 / 47,060件 ファンタジー 5 位 / 15,728件
文字数 53,934 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.05.18