異世界修行生活 〜異世界転移したと思ったら病室でしかも全身麻痺に絶望だが、日本だと魔法が無限に使えるので修行し続ける〜

ある日交通事故に遭い、異世界へ転移する。
異世界では何のチート能力も無い。
現代の日本人として生きてきた狭間(はざま)の肉体能力は一般人以下、魔力に関しては幼児並だ。

異世界で1ヶ月ほど過ごし、目を覚ますと何故か病室にいる。
身体は動かず、感覚も無い。
異世界へ転生したのでは無かったのか?
異世界での1ヶ月は全て夢、自分の妄想だったのか?

そんな、失意の中異世界で唯一習得した【炎魔法】を一心不乱に撃つ。
病室が炎に包まれ、意識を失う。
目を覚ましたとき、そこは再び異世界だった……

異世界と日本を往復し、日本でも魔法が使えることを知る。
この異世界では、空気中の魔素によりMPが徐々に自然回復する。

それに対し日本では、誰も魔法が使えないため空気中に魔素が充満していた。
MPが常時回復。
常に全快だ。
全身麻痺で身体は動かないが、魔法だけは無限に使える。
無限に使える魔法で、魔法とMP強化を続ける。

寝たきりの状態をなんとかするために、【回復魔法】の習得を目指す修行が始まる。
24hポイント 13,917pt
小説 165 位 / 143,834件 ファンタジー 38 位 / 34,645件