奴隷姫と番犬の物語

 トゥオネラ帝国サルンツェル領ヴィスハン伯爵の屋敷には、聾唖の奴隷青年――『イロナ』がいた。
 いや、正確に言うと、彼は『彼女』だ。奴隷の身で厳しい社会を生き抜くために、性別を偽らざるを得なかったからだ。
 しかも、彼女は幼い頃の記憶が一部欠けていた。それはまるでパズルのピースが一つだけ足りないような状態だ。
 しかし、彼女は時折見知らぬ少年と女に手を引かれる夢を見た。


「――逃げろ」


 と少年は言い、


「いつか‟ファナン”の地で再び会いましょう」


 と女は言って、彼女に『首飾り(ペンダント)』をくれた。
 そう、それは彼女の失われし記憶の断片だ。
 彼女は奴隷身分からいつか自由市民権を得て、夢に見たファナンの地を目指すべく、日々懸命に働いた。
 自分に足りないものを探すために――……


 ところがある日、彼女は伯爵に目を付けられて、身体の関係を迫られた。女だとバレてしまったのだ。
 彼女は奴隷であるにもかかわらず、屋敷から逃げ出した。
 そして伯爵の追手がかかる中、怪しげな魔法使いの男ーー『アレクシ』に出会い、助けられる。
 聞けば、アレクシは大陸各国を旅する魔法使いで、人に頼まれてわざわざ彼女を助けに来たところだというではないか。
 彼女はこれ幸いにとアレクシに便乗し、逃亡から一転、ファナンの地を目指すことにした。

 
 果たして彼女は記憶を取り戻すことができるか?
 夢に見た少年と女の正体とは?
 首飾りに潜む秘密とは?
 一方、アレクシが彼女を助ける理由とは?
 イロナとアレクシの、ファナンを目指す旅の先にあるものは――――?
 

『終末の乙女は精霊王の腕に抱かれる』の同世界観、シリーズ二作目。
*別ストーリーのため、一作目を読んでいなくても問題ありません。


<注意事項>
*全部で三部構成となっており、恋愛編は後半となっています。
*初心者投稿のため、何度か改稿しています
*R15について、戦争、暴力、強姦未遂、流血などの不快描写が多々あります。苦手な方はブラウザバックお願いします
*小説家になろう様でも掲載中です
*著作権は作者にあります。無断転載禁止


© 2018 Chihiro Fukaishi ※旧ペンネーム・雪田
24hポイント 14pt
小説 10,141 位 / 41,281件 恋愛 3,498 位 / 10,036件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

皇帝陛下の懐妊指導 初恋の王女は孕ませられて

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:33605pt お気に入り:3185

婚約破棄しろと迫られまして。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:83852pt お気に入り:5115

自動翻訳だけでも欲しかった!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:611pt お気に入り:48