落ちこぼれ孤児と孤独な英雄の愛の挨拶

 孤児院を出たばかりのアデルは、暖房機を製造する電機メーカーの工場で働き始めるものの、いつかヴァイオリニストになることを夢見ている少女だ。
 現実に打ちのめされる毎日が続くある日、孤児院の院長の紹介でグリークラブに行くことになる。
 そこで伯爵家で資産家のヒューゴ・マッケニーと出会う。
 彼の容姿は、子どもの頃に親しくしていたクリスという少年に似ているが――。


『音楽に恋に頑張る女の子と、それに癒されちゃう男の話』


(一週間くらいは毎日更新、ストック切れたら不定期更新)


【注意事項】
○R18描写には*マークを付けます
(中盤と終盤のみで少なめ)
○設定ゆるゆるのご都合主義
(筆者は音楽に全然詳しくありません^^;)
○小説家になろう様でも掲載中

○「よーし! 何でもバッチコーイ!」という心の広い方に読んでいただきたいですm(_ _)m
24hポイント 7pt
小説 17,881 位 / 66,093件 恋愛 6,756 位 / 17,037件